〜「運命」より〜

作詞:都田 和志

未来はもうすぐそこに 輝きももうすぐそばに サダメを 命を 全て 賭ける

踏み出した 足音は 後戻り出来ないほど響き渡って
胸を騒ぎたてて この僕を責め立てる
殺す事なんて出来ないから あなたを認めてあなたを信じ

祈りたい 瞳溢れる 明るい光差しますようにと願うよ

誰もが悩み抱える 胸の奥の暗闇は 汚く痛くそして残酷で

砂時計のように 小さく落ちてく 小さな時の刻み
AH〜 描くことだけが私の使命

あなたのように 大きく描いて 大きな扉開き
AH〜 描くことだけが私の人生

白い キャンバス 何を 描くか  描いた キャンバス
世界は 開くか 生きるか

触れて触れて触れて愛を触れて 聞いて聞いて聞いて時を聞いて
抱いて抱いて抱いて夢を抱いて 生きて生きて生きてココロ生きて

触れて触れて触れて愛を触れて 聞いて聞いて聞いて時を聞いて
抱いて抱いて抱いて夢を抱いて 生きて生きて生きてココロ生きて

その闇は何よりも深く黒く 嫉妬で溢れる感情に潰されてゆく
自分自身が信じられない

選択が 迫っている  真実さえ 迫っている

いつまで戦う?  いつまで争う?  いつまで逃げてる?  この運命から
PREV | LIST TOP | NEXT