~「アヴェ・マリア」より~

作詞:西田 大輔

この風が 流されぬように
その姿をとどめず 繰り返すこともなく
ただ始まりに見た夢   
砂宝石
からみつく痛みと 抱き締められた祈り
あなたのその目を 落ちる砂に託して
そうこの街で

ただ君が 笑えますように
暗闇から鳴り出す あなたの心の鐘
降り続ける雪のように
筆に落ちる
生きてゆく痛みも
忘れられぬ季節も
あなたの置いた手に 刻の砂を流すように
そう手を重ね
笑いたい
PREV | LIST TOP | NEXT