ビューティートレンド情報発信ポータルサイト。ビューティーマガジン「H&M PRESS」

twutterfacebook

H&M Press


Artist


井上 祥平 / メイクアップ&ヘアアーティスト


"HAPPY"

CONCEPT -コンセプト-

Everybody Smile,Everybody Happy

―今回の作品で表現しようと考えたことは何ですか?

元々、かっこいいとか無機質なものよりも、人がパッと見たときに「可愛い」「きれい」と感じてくれるようなものが好きなので、今回もまさにそんな僕のテイストをストレートに表現した感じです。

そんななかでも、特に「ハッピーを感じる可愛らしさ」をテーマに、作品を見た人だけでなく、モデルさん、スタッフ、僕自身も含めて、みんながハッピーになれるようなものを目指しました。

TECHNIC POINT -テクニックポイント-

―今回のコンセプトを形作る上で重要なテクニックとは何ですか?

作品を作るときはいつも、事前には大雑把なことしか決めず、後は現場でやりながら作っていく感じです。

今回は、肌は両方ともヌーディーな質感で、モデルの素肌を活かしました。一つ目の作品は、最初にブルーのシャドウを下まぶたに入れて、それに合わせて黄色のシャドウをのせたのですが、それだけでけっこうインパクトのある目元になったので、上まぶたは肌色に近いピンクを淡くのせて、ブルーと黄色を引き立たせました。まつ毛は1本だけグリーンのつけまつ毛をつけて花の茎に見立て、そこに小花をつけています。それを浮き立たせるために、他のまつ毛は白でぼかしています。。

もう一つはパープルを下まぶたに入れ、下まつ毛はブルーのマスカラで華やかさをアップしました。上まぶたは若干濃い目のピンクをのせ、目尻には赤に近いピンクのラインをアクセントで入れて、さらに淡い色だけでぼけてしまわないよう、まつ毛の際にブラウンのリキッドラインを入れたり黒のマスカラを入れたりして、引き締めています。

全体的に基本はクリーム系のシャドウを使い、際とか色が欲しいところはパウダーを上から重ね、程よいツヤ感を残すことで肌の質感とのバランスをとっています。

現場主義
「最初から決め込んじゃうと、それ以上のものができない気がして…」と語る井上さんは、現場での感覚を重視する。この日も大量の花を仕込み、インスピレーションを頼りにイメージを形にしていく。

協力者
この日は急遽、知り合いのスタイリストの方の協力を得ることができ、より井上さんのイメージに近い作品に仕上がった。日頃から人とのつながりやチームワークを大切にしている井上さんらしいエピソードだ。