ビューティートレンド情報発信ポータルサイト。ビューティーマガジン「H&M PRESS」

twutterfacebook

H&M Press


Artist


稲垣 亮弐 / ヘアメイクアップアーティスト


"Black Book"

PROLOGUE -プロローグ-

大いなる刺激を受けたニューヨークでの体験

僕がこの世界に入ったきっかけは、実にイージーなものでした。高校が美術学校で、インテリアデザイナーもいいかな、などといろいろ考えているうち、気づいたらほとんどの学校が願書を締め切ってしまっていたんです。さてどうしようかと思っていたとき、美容学校で一つだけまだ受け付けているところがあって、「じゃ、とりあえず美容学校でも行くか」という感じで通い始めました。卒業後、東京へ行ったらだんだん面白くなってきて、21歳のときにロンドンへヘアカットの勉強に行ったんです。そうしたら、みんなヘアだけでなくメイクなども自由にやっていて、こんな面白い世界があるんだ、と目から鱗が落ちる思いでした。それを機に、帰国後は独学でメイクの勉強をして、ヘアメイクに転向しました。

その後、28歳のときにニューヨークへ行きました。ちょうど湾岸戦争のころだったのですが、雑誌『ヴィジョネア』が創刊になるなどファッション業界はけっこう活気のある時代でした。ニューヨークで衝撃的だったのは、仕事に対するスタンスが日本とはまったく違うこと。才能があればすごく認めてくれるけれど、ないとまったく認めてはもらえない。人柄とかそんなものは一切関係なく、完璧な実力主義なんです。カメラマンは「俺の写真はこうだから、こういうふうにメイクしてくれ」とはっきり言いますし、単純に流行りものを追いかけ回すようなことはせず、それぞれに実に明確なビジョンを持っています。非常にシビアな世界ではあるけれど、それだけにやりがいもあります。すごく勉強になったし、ぜひまたあの現場でやりたいと思っています。

重要なのは〝個〟のアピールではなくトータルでのクオリティ

カメラマンのケイ・オガタさんはとっても柔軟で、あのフリーな感覚がいいですね。これまでに何度もご一緒してますが、今回のようなライティングは初めて見ました。スポットをいっぱい使って、とても大掛かりで大変だったと思いますが、おかげさまで面白いものができました。オガタさんとはかれこれ15年くらいのおつきあいになりますが、長くやっているだけにへんに馴れ合いになりたくないという思いがあるせいか、今でもいい意味での緊張感があります。

作品を創るときにいつも思っているのは、最終的なビジュアルがいいものになればそれでいい、ということです。僕自身のテクニックがどう見えるかなんて、はっきりいってどうでもいいんです。カメラマンやスタイリストの方たちとコラボレーションして、映像的に面白いものを創る──僕が目指しているのはまさにそれに尽きます。

まだまだやってみたいことはいっぱいあります。今回のルーベン・トレドでも、また違った表現ができると思うし。全身真っ黒な影絵みたいなのも面白いかなと思ったり。画集や写真集などからヒントを得ることは多いですが、そういうものを見るのは僕にとっては趣味みたいなものなのです。とにかくあまり頭で考えすぎず、面白そうだと思ったことはとりあえずやってみる。そんなふうに頭を柔らかくすることで、意外といいアイデアが浮かんできたりするものなのかもしれませんね。

  • 稲垣 亮弐/ヘアメイクアップアーティスト
  • ロンドンにてV・サッスーンスクール卒業後、ヘアサロン勤務、ヘアメイク(ペインツ〜アルール所属)を経て渡米、アート&カマースジャパンに所属する。1992年にmaroonbrand開設。95年に(有)マロンブランドを設立し、代表取締役を務める。広告、雑誌、ファッションショー、映画、舞台、アーティストCDジャケット、PV撮影など、幅広いジャンルのヘアメイクを手掛ける。

  • KEI OGATA/フォトグラファー
  • 1977年渡米。アルバート・ワトソンスタジオ助手を経て、1980年フリーランスカメラマンとして独立。
  • WORKS
  • ■EDITORIAL:Harper's BAZAAR, GQ, MADEMOISELLE, SEVENTEEN, SELF, etc.
    ■ADVERTISING:ESTEE LAUDER, COVER GIRL, MAYVELLINE, REVLON, etc.
    1990年帰国。東京をベースとして活動を始め、現在にいたる。
    ■EDITORIAL:VOGUE NIPPON, Harper's BAZAAR, etc.
    ■ADVERTISING:資生堂、SKⅡ、カネボウ、コーセー、MAX FACTOR、ESTEE LAUDER、VIDAL SASSOON、L'OREAL、SoftBank、キリンビバレッジ、サントリー、サッポロビール、大塚製薬、ワコール、伊勢丹、JAL、日立製作所、シャープ、ニコン、セイコー、ユニクロ、日清食品etc.